■ 史上空前のDHEAブームを総括

不規則な生活で、生活習慣病の予備軍になってしまってはいませんか?日本でも生活習慣病を患う人が増加しつつある中、生活習慣病発症を緩和させる健康食品やサプリメントがたくさん販売されるようになりましたが、サプリメントの先進国であるアメリカでは、日本以上に様々な生活習慣病対策のサプリメントが販売されています。そんな中から今回は、「DHEA」をご紹介したいと思います。このDHEAは、日本ではまだ認知度が低いサプリメントですが、アメリカでは生活習慣病の症状の緩和を目的に利用されている、ポピュラーな成分なんです!DHEAはホルモンの源!DHEAは体内に最も豊富に存在する、天然のステロイド系ホルモンです。ホルモンは、身体に元気を促す働き(生理活性)に関係している成分なのですが、このDHEAは副腎で作られる全てのホルモンの源となる役割を持っています。例えばテストステロン、エストロゲン、プロゲステロンなど、各種50種類以上の性ホルモンを生み出すことに貢献しています。このDHEAの働きのおかげで、私たちは健康の維持、脂肪の燃焼による筋肉の維持、性ホルモンの安定的な維持、ミネラルバランスの維持、免疫を上げる作用など、様々な効果を得られると考えられています。DHEA摂取は老化防止にもつながる!?DHEAには老化の防止にもなる成分と考えられているんです。現在、研究者の間では40~50歳頃からみられる生活習慣病の症状に効果を表すホルモンと考えられていて、栄養素を体内に取り入れる同化作用とともに、抗加齢にも貢献する治療薬として利用されているのです。DHEAは胎児の頃からすでに生成が始まり、誕生後には一旦止まりますが、6歳頃からまた生成が始まります。しかし、30歳頃を境にして分泌量が減少し、80歳頃には20歳と比較して10~20%程度のDHEAしか無くなってしまいます。前立腺がん、膀胱がん、乳がん、動脈硬化、神経変性等、老化に伴う様々な病気の原因の一つは、DHEAの低下が関係しているのでは?という仮説も立てられています。このように、DHEAは、「若さ」と「活力」に関係したホルモンなのです。DHEA摂取には通販限定メンズドラッグビルドマッスルHMBサプリがオススメ!DHEAの摂取はサプリメントがオススメ現在アメリカでは、DHEA摂取にサプリメントが利用されています。というのも、日常生活において、DHEAを増やすことはなかなか難しいといわれているからです。また、DHEAは治療薬としても利用されています。DHEA治療には大きな副作用の報告はありませんが、軽度の男性ホルモン作用により、ひげが増えたり、声が低くなったりする症状が、ごく少数の方に表れているそうです。また、インスリン感受性はDHEAと関係があり、インスリン値が高い人は摂取にあたり、注意が必要です。現在、DHEAの日本での販売は、厚生労働省の認可がおりておりません。もし購入したい場合は、アンチエイジングクリニックなどの医療機関を通じてや、個人輸入などでしかない状況です。

リンにはどうしても我慢できない

カルシウムやマグネシウム、リンなどのミネラル類は、骨や歯を作るのに重要な働きをなし、骨粗しょう症にとってなくてはならない栄養素となっています。多くの食品に含まれているマグネシウムですが、体内では50~60%という半分以上が骨の成分となっており、その他は血液や筋肉、神経、脳などの成分となっています。マグネシウムが不足すると血管が拡張して充血します。すると、心悸亢進を起こしやすくなったり、興奮状態になりやすく、下痢を起こすこともあります。マグネシウムが多く含まれる食品はゴマなどの種実類や穀物、海産物となっていますので、これらを食事メニューに取り入れるようにしましょう。カルシウムが骨粗しょう症にとっていかに重要な栄養素であるかは既にご承知のことと思われますので、ここでは、マグネシウムとリンの働きについてお話ししていきますね。リンの80%はリン酸カルシウムやリン酸マグネシウムとなって骨や歯を形成していますが、あとの20%は血液や体液となり、血液内のph値の調整や体液の浸透圧の調整などを行っています。リンが欠乏すると骨や歯が弱くなって骨粗しょう症をまねき、骨折しやすくなりますが、日常生活においてリンの摂取は充分であり、不足や欠乏はまず起こりません。かえってリンの過剰摂取の方が心配であり、摂取が1日に2000mg以上になるとカルシウムの吸収を阻害しますので、副甲状腺機能を高進して腎臓に負担をかけるようになります。リンが多く含まれている食品は肉類や穀類ですが、加工食品やインスタント食品にも多く含まれていますので、インスタント食品をよく利用している人は過剰摂取に陥らないように注意しましょう。

結論:散歩散歩は楽しい

記録を上げるために無理な練習を重ねたり、人と争うような運動競技ではついムキになって身体に無理をさせてしまいがちで、筋肉を痛めたり事故を起こすなどの可能性がありますので、このような運動の仕方は止めておきましょう。
あくまでも「健康作りのための運動」として行うのがベストです。例えば、いつでもどこでも気軽にできるウォーキングなどは特にお勧めです。歩くことで肥満予防やメタボ対策にもなりますし、デスクワークの人が悩んでいる腰痛予防にもなります。また、たとえ家の近所であっても、外の新鮮な空気を吸うことができ、景色が変わって気持ちもリフレッシュできますので、ストレス解消にも役立ちます。しかし、ただやみくもに歩けばいいわけではありません。
歩く時には姿勢に気をつけてリズミカルに歩くようにしましょう。まず、視線は数メートル先の地面を真っ直ぐ見つめるようにし、肩は楽に落とします。
そして、爪先で蹴り出すように踏み出し、歩幅が自然に広がって大股になるように腕の振りを大きくしてすねと足の甲の角度が直角になるように歩き、着地はかかとから行います。最初はゆっくりと歩いていき、だんだんリズミカルに歩いていくようにしましょう。骨粗しょう症はつらいものですが、精神的にも参らないようにするために、なるべく楽しい気持ちで前向きに歩くようにしましょうね。

エストロゲン剤です

子宮頸管異常 子宮頸管に狭窄、炎症、びらんなどの以上がある場合は

薬剤や特殊な器具を使用した治療をします治癒率は非常に

高く手術が行われるのは重症のときです

頸管粘液分泌不足 子宮頸管の障害でもっとも多いのが

排卵期になっても粘液が十分に分泌されず卵胞ホルモンの不足が

原因のものがほとんどでエストロゲン材を投与するのが一般的な治療です

しかしエストロゲン剤は卵巣に悪影響を及ぼすので

エストリオールというエストロゲン剤の中でも局所作用の

強いものが使用されます排卵の約3日前から薬の服用を

子宮

始め子宮頸管の粘液の分泌が増加するかどうかを調べます

この治療は膣炎や膣びらんにも効果があります

子宮頸管拡張 子宮頸管や子宮口が狭いために

精子が侵入しにくくなっているときは頸管拡張器という

特殊な器具を使い頸管を広げる治療を行います

この治療は粘膜の分泌も促進するため頸管分泌液の不足も治療できるメリットもあります

子宮膣部の炎症 子宮膣部に炎症があると精子の進入が妨げられ

不妊を招く原因になります

まず炎症を抑えるために抗生物質の使用や

錠剤を膣部に挿入する治療が行われます

その後エストロゲン剤を使用してホルモン療法を行います

なお膣部の炎症がひどく薬の治療が困難な場合は

手術を行うこともあります

またフーナーテストにより女性の体に男性の精子に対する

アレルギーがあることが判明した場合は配偶者の人工授精を行うことになります