目的地を定め

古今東西、人間は成功したい、幸せになりたいという根源的な欲求を持っています。しかし、意外にも己の成功や幸せがどういう状態か自分自身で定義していない人が多いのには驚かされます。成功したいと心では思っていてもその「成功」というものが具体的にイメージできていないのです。航海に例えれば、目的地の定めずに延々と漂っている船と同じでいつまでたっても永遠に目的地に到達しません。そして、そのうち物資が底をついて航海を諦めざるを得ない状態になります。そしてもっと意外なことに、目的地をある程度明確にしている人であってもそこへ舵を切って進んでいく人も驚くほど少ないのです。目的地を定めはしたものの港に留まったまま船を停泊させているのです。なぜ、こんな事が起こるのでしょう?それは恐らく航海することで遭遇する嵐や遭難といった未知の危険に対して躊躇してしまうのです。こういったことは航海に限らず、ビジネスや恋愛でも同じです。「もしうまくいかなかったらどうしよう」「今より生活のレベルが落ちたら嫌だな。」といった失敗したときのイメージが現状から進むのにためらいを生んでしまうのです。そして、現状を維持している限り、そういった危険に遭遇することはほとんどありません。しかし、今の状況を超えて乗り越えて成功するには前に進むしか道はありません。ただ、やっぱり前に進むのは怖いものです。ほとんどの人は無意識のうちに恐怖やためらいを感じてしまい、なかなか前に進むことができません。そして、前に進むにはこの無意識の恐怖を打破する必要があります。そのためには自分の心の状態をある方向に変える必要があったのです。ある形成外科医がこの謎を研究し、成功するためにこの無意識の恐怖を打ち破る方法を発見しました。